乳首舐めの妙味

舐めるという行為

舐めるという行為

相手を感じさせたい、相手を感じたいという時の「舌で舐める」という行為について考えてみました。
愛撫する際に舌を使うのは常識だからという理由でやっていませんか?
他には「不潔だし舌で舐めるなんてイヤだ」という人にも、もう一度舌による愛撫について考えてみてほしいのです。

権威のある脳機能学者によれば、唇や舌で触れる事はその対象物の情報を指先並みに感じる事ができる器官だと言うのです。
器用に動き、ものの感触を察知する機能の高い指先と同じくらい舌も感度が高いのです。
さらに舌は、爪が尖って乾いている指先と違って、柔らかく湿っているので愛撫には最適なのです。
つまり舌は相手を感じさせるのも、自分が相手を感じるにも最適な器官なのです。

今自分が行っている性行為の常識は、ほとんどの方がアダルトビデオなどの影響を受けていると思います。
次のステップとして、そのプレイひとつひとつがどうしてそうなっているのか、型を知識として身につけていけばよりレベルの高い性行為のできる人になれると思います。
また、舌で舐める事を嫌っている人も少し考え方を変えて歩み寄ってみてはいかがでしょうか。
自分がどう感じるか、パートナーがどういうリアクションをするか、やってみないと分からないのです。

人間とは絶望的なほどすれ違う生き物です。
でも、その違いを越えて歩み寄ろうとする気持ちや行動にこそ、愛があり、美しさがあり、希望があるのです。

↑ PAGE TOP